第131回 チェンマイでタイ古式マッサージの資格を取得した妹の話

妹がタイのチェンマイに行ってタイ古式マッサージの資格を取得してきたので、タイのチェンマイの話をしてもらいました。

タイ古式マッサージのスクールはかなりハードのようで、覚えられなくてパニックになってた様子が目に浮かびます。タイが大好きになったようで、また行きたいそうです。タイのチェンマイですね。

古式マッサージの資格取得費用

チェンマイのスクールでの資格取得費用は9日で38000円ぐらいだそうです。マッサージのトレーニングと住まいと食事の料金です。飛行機別。

チェンマイのこちらのスパだそうです。

タイ文部省認定の全寮制スパ・マッサージ学校 – CLS Massage School

話を聞くと、タイ古式マッサージの資格を取得するのって暗記しないといけないことが多くて、予想以上に大変そうですね。今のところマッサージ屋をやるつもりはないようですが、お店やったら儲かるんじゃないかと思います。

PS コメント欄でチェンマイのチネイザンが盛り上がっております。


この投稿へのコメント

  1. アマン said on 2014.10.04 at 18:21

    はつみさん、お帰りなさい!良い経験を、なさったようで、何よりです。
    暗黒の、三日間を、跳ね返しての、感動の合格、流石です、おめでとうございます。

  2. はつみ said on 2014.10.05 at 21:09

    アマンさん、ありがとうございます(^O^)!

  3. yokko said on 2014.10.15 at 00:52

    マッサージの仕事をしているので興味深く聞かせてもらいました!

    友達がタイに住んでいて、安くでタイ古式の資格を取れると噂に聞いていましたが本当に安いですね。

    個人的には瞑想の授業などを受けてみたいと思いました。日本って、手技や知識にばかり走るか、スピリチュアルな方にばかり走るかのどちらかの印象を受けるんですよね。手技や知識に走る人はエネルギーや魂といった部分を全否定するし、スピリチュアルなセラピストは解剖学をきちんと学んでいなかったりする。最近では海外のセラピーなどがどんどん入ってきてホリスティックに学ぼうとする傾向が出てきてはいるのですが、それでも資格資格で、本当に「人に触れる」ことを深く考えていない人が多いと思います。

    アーユルヴェーダと関係のあるタイ古式マッサージのような歴史の古い治療法では様々な勉強をされるのでしょうね。はっちゃんの資格旅の内容を聞いていると、自然の中で瞑想をしたり、(9日間では無理なようですが)様々な経験をしながら人に触れる勉強の仕方はすごく素敵だなぁと思いました。
    知識は時間の関係で詰込み型なのは仕方ないですが、お祈り?の時間であったりとか、食事をきちんと摂るとか。マッサージを勉強していく作業の中に、先生や周りの人への感謝の気持ちであるとか、お互いに対する愛(一緒に学ぶ人)、食事の有難さ、そういったものを自分の中に取り入れられていたのであれば、本当に素敵ですよね。

    資格=商売となってはいけないのがマッサージだと私は思っています。マッサージ(大枠で)って勉強すればするほど奥が深いです!本当に楽しいです。

    はつみさんのように、経験されたことをかみ砕いてかみ砕いて納得されてから前に進む、そういう方はピュアだし、努力をされるだろうからとても向いているとは思いますけどね!

    とりとめもなく、長々とすみません。取りあえず、私も海外で学んでみたいなぁって思いました!(*^_^*)

  4. はつみ said on 2014.10.15 at 20:45

    yokkoさん

    熱いコメントありがとうございます。人に触れることを学ぶことは、祈り、食べること、人と自分と向き合うこと、瞑想にも自然と繋がっていること。その通りだと思います。マッサージに限らず、色んなものが色んなものと繋がっていると思います。兄と話しててマッサージと瞑想は関係はないと言ってしまってるのは、説明めんどくさいと流してしまう私の悪い癖です…

    チェンマイにはマッサージスクールが山ほどありました。私の行った学校はタイ古式マッサージの奥深さに触れるきっかけとしては本当によかったと思います。ただ、生徒12人に対し先生は1人で練習も素人同士でなので、感じ方も人それぞれかも。多分どの学校でもお祈りはしている気がします。予想でしかないですが。そういうことが当たり前な空気がチェンマイからはしたなぁ

    タイ古式マッサージをきっかけに、チネイザン(タイ北部にある内臓デトックスマッサージ)やトークセン(タイ北部にある雷の落ちた木でできた木槌を使ったマッサージ)という療法を知り、今はそれらも気になってしょうがないです…!
    早速数日前にチネイザンを受けましたがすごかったです!
    yokkoさんも興味ありそう〜^^
    マッサージは本当に奥深いですね!!

  5. はつみ said on 2014.10.16 at 00:25

    yokkoさんすみません!間違ったことを書いてたみたいです!
    チネイザンはタイ北部でなく、古代中国の道士(タオの修行者)たちにより修行のための秘伝として伝えられてきたものみたいです。
    どうでもいいかもしれませんが、私自身が気になったので|゚Д゚)))
    失礼しました。。

  6. yokko said on 2014.10.16 at 00:28

    チネイザン!!
    なんか前セミナー行った時、チネイザンをしている?習っている?と言っていた人がいました!山奥がどーのこーのと言われていてその時は全く興味なかったんですけど、タイが発祥なんですねー。
    タイは健康を重要視しているからマッサージやセラピーの種類が多そうですね!
    ロミロミでもタイ古式でも、本物が受けてみたいです。
    ほんまに行きたくなってきましたー。
    タイは元々何回か行ってるので好きなんですけど、でもバンコクなのでまた雰囲気違うでしょうねー。
    あ~行きたい。
    また新しい情報あれば教えて下さいね。(*^_^*)

  7. yokko said on 2014.10.16 at 00:31

    入れ違いでした!タオの修行者とか。。。
    また、そういうのそそられます。。。
    古代とか。良いですね。

    有難うございます!

  8. はつみ said on 2014.10.16 at 11:33

    ヨッコさん

    明日金曜日の夜に、大阪でチネイザンの施術をして下さった方との食事会があるんです。私も遅い時間からになるけど参加予定です。もしも気になったら、石のサイトのお問い合わせフォームから

    http://mizunoie.jimdo.com

    もしくは私Facebookのアカウントもってるので、私を探してメッセージもらえたら^^
    めちゃくちゃ急なので本当にタイミングが合えばで!チネイザンの話するというよりゆるい食事会かもしれないですが。

  9. yokko said on 2014.10.22 at 21:38

    すみません!今コメント見ました!
    すーーーーっごい行きたかったです!!ちなみに大阪で働いてるので絶対行けたのに・・・。残念です。。

  10. はつみ said on 2014.10.23 at 23:51

    yokkoさん

    そうだったんですね、残念です!
    またご縁があればー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL