第1回 仮面ライダーからマーケティング戦略を学ぶ

仮面ライダーはマーケティング戦略もストーリーもめちゃくちゃスゴい!ということをミナガワさんに語ってもらいました。緊張してギコチナイ第1回のラジオ放送をお楽しみください。

話を聞いてると、仮面ライダーって本当によく考えられたマーケティング戦略をしてると思いました。バンダイのオモチャを売るために、1年間のストーリーが出来てるわけです。子供のクリスマスプレゼントの時期にはちゃんと新アイテムのオモチャが発売される。そして、夏休みには東映から映画が上映される。東映とバンダイのコンビなんですね。

スキームはすでに完成してて、その枠の中で、毎年新しい仮面ライダーが生まれてるのです。子供が減る中で、子供以外の主婦や大人を取り込む工夫もしてるし、改めてビジネス視点で見てみると、すごいマーケティング戦略の勉強になる。

もちろんマーケティングだけじゃなく、コンテンツもしっかりしてるからスゴイ!やっぱり大切なのはコンテンツとストーリーです。

仮面ライダーは東映とバンダイのコラボ

僕は平成仮面ライダーを見てないので、これから仮面ライダーダブルを見ます!ダブルを見終わったら報告したいと思います。

子供が減っている中で、東映とバンダイが二人三脚でマーケットを拡大していってる仮面ライダーはマーケッター必見!マーケティングが学べるぞ!

仮面ライダーダブルを見た事ない人は見たほうが良いと思う!大人でも楽しめるし、勉強になる。ブランディングとかの仕事をしてる人には特にオススメなので、Amazonのリンクを貼っておきます。ご参考まで。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL