第99回 諸星大二郎の漫画の世界観がスゴイからカオカオ様を朗読してみた!

昔に諸星大二郎さんのマッドメンという漫画を読んだことあったけど、その時は特別な印象はなかった。

でも、「夢の木の下へ」という漫画をキッカケにその意味不明の世界観に惹き込まれた。なんなんでしょ、この世界観。すごい面白いのでオススメです。

Wikipediaの諸星大二郎を見てみると、手塚治虫、庵野秀明、宮崎駿といった有名な漫画家の名前がゾロゾロでてくる。宮崎駿?

Wikipediaより。独創性の強い画風から、アシスタントに「どこをどうアシすればいいか分からない」と言われたエピソードを持つ諸星は、手塚治虫にも「諸星さんの絵だけは描けない」と言われている。一方で、諸星はジャンルを越えた多くの著名人の作品に影響を与えている。

細野晴臣の「THE MADMEN」は諸星の作品に触発されて作られたとされている。細野によれば元々は「MUDMEN(泥の男)」という名前の曲であったのが、製作会社の綴りの間違いがそのままになったのだと言う。

庵野秀明の作品『新世紀エヴァンゲリオン』の巨大人型兵器には「影の街」に登場する巨人の影響があるとされ、岡田斗司夫が語るところによると、庵野は以前から「このシーンが好きでやりたい」と話していたと言う。

その庵野を起用していた宮崎駿も、「僕の好きな漫画家は諸星大二郎なんです」と発言するなど、諸星の影響を強く受けたと各所で語っている。

今回はそんな諸星大二郎さんの「夢の木の下へ」という漫画のお話で、その中のカオカオ様の話を少し朗読してみました。

カオカオ様は私です。

諸星大二郎「夢の木の下へ」

諸星大二郎の漫画「夢の木の下へ」カオカオ様

下の「夢の木の下へ」はオススメの漫画なのでよかったら読んでみてください。映画化した漫画もあるみたいなので見てみたい。他にもオススメの漫画があったら教えて下さい!

「諸星大二郎の漫画の世界観がスゴイからカオカオ様を朗読してみた!」を聞く!


この投稿へのコメント

  1. アマン said on 2014.03.02 at 15:22

    諸星大二郎の回、楽しく、聞かせて頂きました、私は漫画に、うといのですが、お二人の、話だけでも、楽しめました、くるりん!の所とか、笑えました。では、失礼します。

  2. はつみ said on 2014.03.02 at 21:06

    お兄ちゃん、くるりん!となっているページの画像アップしてください。

  3. 中谷 よしふみ said on 2014.03.04 at 13:56

    ゴメン。カオカオ様を見て「くるりん」ってなってる写真を撮る暇はなかった・・・。

  4. のり said on 2014.03.05 at 23:51

    諸星大二郎さんは好きで、暗黒神話など読んでましたが、夢の木の下では読んでなかったので、早速、買いました。

  5. はつみ said on 2014.03.07 at 23:19

    のりさん、はじめまして。
    夢の木の下では面白かったですか?^^
    私も暗黒神話を漫画喫茶で探してみます。

  6. 中谷 よしふみ said on 2014.03.09 at 11:55

    これですね。諸星大二郎さんの他の漫画を読みたかったので、僕も暗黒神話を読んでみます!

  7. のり said on 2014.03.11 at 00:13

    中谷さん、はつみさん、コメント返信有難うございます。
    夢の木の下で、面白かったです。諸星大二郎さんだ、と思いながら読みました。くるりんは思った以上に、団子虫で、クスッとしました。最近も、短編集が出てるので、買おうかなやんでます。

  8. 中谷 よしふみ said on 2014.03.13 at 17:36

    諸星大二郎さんの夢の木の下でを読んでくれたんですね!ありがとうございます。あの世界観はスゴイですよね。それに団子虫はまさに団子虫でしたねw。何か面白い漫画あったらまた教えてくださいー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL