第157回 音声メディアの価値と限界

なんでラジオやってるの?という妹の質問に答えました。そんな真面目っぽい話だったけど、途中からまたユルい話に。

僕は音声メディアの価値が大きくなって、大きなビジネスになるとは思っていない。ただ、他とは違う特殊なメディアとして音声はかなり面白いと感じてます。なのでライフワークとして続けて行くつもりです。会話力も上がるし、人と会う口実にもなるから、みんなにもオススメしています。

ちなみに、妹の友達がヨリミチラジオを聞くと、兄貴が聞き上手と感じるそうですが、僕の友達がこのラジオを聞くと、兄の話に付き合ってくれる妹が素晴らしいと感じるようです。それもまた面白い。

途中から「ワタシは面白くない。」と妹が繰り返していたので、リスナーの方からのフォローコメントが入りそうです。


この投稿へのコメント

  1. アマン said on 2015.04.19 at 22:37

    兄、妹の、微笑ましい会話が、やはり、一番の魅力ですが、
    はつみさんの、新たな魅力も、見てみたいので、
    はつみさん、単独番組、お友達との、番組なども、
    多くの、はつみさんファンは、期待してると、思います!

  2. はつみ said on 2015.04.28 at 22:51

    アマンさん

    コチョバイガナは兄以外とやった方がいい感じなんですけど、それ以外は…(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL