第147回 京都の祇園で舞妓遊びを初経験

京都の舞妓遊びを一度やってみたい!で、初めて舞妓遊びをしてきた様子です。芸者遊びというか、ずーっと質問してました。

顔が白くて、どこがカワイイねん。お座敷遊びって、何がオモロいねん。と思ってましたが、意外や意外、楽しかったです。すごい勉強になりました。

  • 舞妓(まいこ)は20才まで、それ以降は芸妓(げいこ)
  • 京都は舞妓、東京では芸者と呼ぶ。
  • 中学卒業したら舞妓の修行開始
  • 置屋に住み込み修行、昼間は舞妓学校で芸を磨く
  • 置屋は女将がやってるから一見さんお断り。
  • 料亭へは舞妓や芸子は派遣されてる。
  • 舞妓を1人呼ぶ料金と約5万円
  • 遊びのルールはシンプルでなぜが楽しい

舞妓さんを呼ぶのは高いですが、人数が多かったら行けない値段じゃないので、一回行ってみてください!僕もまた行くと思うので、その時に参戦してもらってもいいです。

金比羅船々~

サイっ!

2014年10月の話です。


この投稿へのコメント

  1. アマン said on 2015.01.22 at 11:42

    言葉の壁が無ければ、アラブの大富豪とか、
    外国の方々に、是非、楽しんでもらいたい。

  2. 中谷 よしふみ said on 2015.02.10 at 17:38

    日本人もみんなに経験してもらいたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL