第143回 英語の実践を重視するドゥマゲテのSPEAオーナー松岡さんの話

フィリピン留学のドゥマゲテにちょっと変わった語学学校SPEAがある。そのSPEAのオーナーの松岡さんに話を聞きました。

オンライン英会話を経営してた彼は、オンライン英会話に限界を感じて、日本人に一番足りてないのは度胸という結論に行き着く。コミュニケーションはライブ、学校の教室で話せるだけじゃなくて、もっと実践で使える英語を学んで欲しいと思って、治安の良いドゥマゲテに街全体で学ぶ学校を設立。それがSPEA。

こう書くとすごい真面目そうですが、それだけでない魅力が音声に詰まってるので是非聞いてください。

脱英語童貞の語学学校SPEA。ドゥマゲテにあります。
http://sp-ea.com/


この投稿へのコメント

  1. アマン said on 2015.01.07 at 15:46

    私も、心の垢を落としに、松岡さんの学校に、行きたいなー。

  2. しんざん said on 2015.01.11 at 00:10

    英語上達の最短距離は、「恋人」っ!「伝えたいコト」があれば、コミュニケーションスキルは、イヤでも向上するってことなんですね。新年早々エエ話を聞き、あらためて気づかされました。目から鱗です

    あけましておめでとうございます(唐突でスミマセン
    今年も放送楽しみにしています。

  3. 中谷 よしふみ said on 2015.02.12 at 14:21

    松岡さんの学校に2ヶ月ぶりに行ったら、よくも悪くもパワーアップしてました。庭には、ニワトリ、猫、ウサギ、トカゲが生息して、弱肉強食の自然界が生まれ、親子留学で来た子供が走り回り、日本人に混じって、インド人、韓国人が学び、イタリア人が教えてる。よく分からないことになってました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL