第153回 英語リスニングを上達させるコツはシラブル!

フィリピンのストーリーシェアでスタッフをしてたノボルさん。今日は本職の英語の話です。彼はイギリスで英語を学んだ後に、英語を教える側になる。カランメソッドを使ったり、最近はシラブルの重要性を伝える。今回はリスニングを上達させるコツです。

英語のシラブル(音節)とは?

シラブルとは音節です。例えば、「グリーンベルト」。マニラの地名です。これは2シラブルなので「グリーン・ベルト」。

でも、日本人は英語が通じないと、ゆっくりはっきり言おうとする。「グ・リ・ー・ン・ベ・ル・ト」。そしたら、シラブル(音節)が間違ってるから余計通じない。

日本人が通じない時に、ゆっくり言うのは、日本語の音節は文字通りだから。「おはようございます。」は「お・は・よ・う・ご・ざ・い・ま・す。」が音節。

僕たちは日本語を知ってるので、簡単に日本語の音節が分かる。でも、外国人にとっては違う。例えば、「着物」は「KIMONO」。音節は、「KI・MO・NO(き・も・の)」。でも、これを「KIM・O・NO(きん・お・の)」で区切ると、1つずつの発音が正しくても通じない。これがシラブル(音節)の大切さ。英語が通じない時に、ゆっくり伝えると、音節が変わって余計通じないのです。

日本語にしかない音

日本人にとって「L」と「R」の違いが難しいのは、日本語に「L」と「R」の音がないから。逆に、英語圏にない音は彼らには難しい。

たとえば、英語に小さい「つ」はない。だから、「切手」、「来て」の違いが難しい。また、英語には強調はあっても、伸ばす音もない。だから、「おばあさん」と「おばさん」の違いが分からない。

オススメの勉強方法

ノボルさんがオススメする英語の勉強方法は、まず、以下を覚える。

  • 発音
  • シラブル
  • 単語

最初は、文法は基礎だけでオッケー。そして、英語を喋りまくる。ある程度喋れるようになってから、文法を深くやる。

例えるなら、ファミコンと同じ。まずやってみる。ある程度やってみたら、説明書を読み込む。最初から知識を入れすぎると頭が固くなる。

僕がフィリピンで会う友達は言語学習を追求してる。たぶん、他の国の人ってこんな深く追求してないじゃないかな。日本人っぽい。

英語学習は、このように学術的に学ぶタイプと、とにかく喋って身につけるタイプとに分かれる。僕は後者。だから、ノボルさんの話は面白いけど、僕の勉強方法にはあわないところもある。その人の性格や、タイプによって合う勉強の仕方も変わる。

ノボルさんは、シラブルの授業をやっています。彼のシラブル授業は、勉強してる人ほど満足度が高い。授業後に、英語が聞き取れる!とリスニングに変化を感じてる生徒をたくさん見ました。面白いので、また機会あれば収録します。

ノボルさんはマニラに学校建設中です。

「英語リスニングを上達させるコツはシラブル!」を聞く


この投稿へのコメント

  1. アマン said on 2015.03.05 at 12:08

    中谷さんメソッドが、良さそうですね。

  2. 中谷 よしふみ said on 2015.03.05 at 12:21

    ヨリミチメソッドは英語の上達が遅そうでしょ(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL